この時期になると思いだすのは

この時期になると思いだすのは



長い冬があって、春のありがたみがわかると言いますが、できれば、あまり寒くない冬であってほしいなどと最近は思います。

若いんだから、若い時ほど苦労しておかないと、と言われながら、本当に学生時代になら戻ってみたいなと学生時代のノートをみつけて思いました。

丁寧に私は、ノートも教科書も資料集も、有り難くないテストまでしっかりとっているほど、物もちの良い人間です。

卒業記念や思い出作りはその時々で異なりました。修学旅行の写真がたくさん出てきましたが、せいぜい高校の時までです。

中学も行ったのに、その時の物はなぜか、何も発見できませんでした。

小学校のときの旅行のお土産はしっかりいまだに残っています。写真などは全くありませんが、

さすがに普段使いの焼き物の湯のみですから、壊れない限り、食器棚に座っています。

小学校卒業時に植えたパンジーなどはもうさすがにないだろうとこの時期になると思うのです。

色が重ならないように植えなさいと言われたパンジー、実は好きな花でした。

春といえば桜の花、遠くから学生が桜の下を歩いている姿を眺めるのも毎年楽しみです。

卒業シーズンになると、クラスメイトはどうしているかな、と思いますし、ちょっと手紙を書いてみようかな、

引越していなければ、届くだろうと、思うのです。

前の記事